埼玉・大宮で永久脱毛するにあたって

今、永久脱毛をお考えの方はどれくらいいるでしょうか。日常で自己処理をやっているけどもう面倒だなあと思ったり剃り残しがあって嫌だなあと思ったりすること、よくあると思います。

その解決策として永久脱毛という選択肢があります。永久脱毛は信頼の高いクリニックで治療すれば、ムダ毛0にできる治療法です。お肌の負担を考えればムダ毛はない方がいいのです。

元々、外気から保護するための役割をしていた毛。服を着るようになった今、それは無駄なものになってしまいました。それどころか、「ムダ毛が生えていると邪魔だ」「ムダ毛の生えている人は不潔だ」という考えが浸透しつつあり、性別関係なく誰でも永久脱毛を考える時代になったのです。

では、さっさと脱毛した方がいいのかといったらそうではありません。ムダ毛といっても脱毛できる肌の状態にしておく必要があるのです。肌が荒れてしまった状態では、脱毛をしたとしても効果がでなかったり治療を断られる可能性があるのです。

医療レーザー脱毛を受けられる肌とは

医療機関で永久脱毛をする際は医療レーザーを使って脱毛します。レーザーなので、痛みが全くないわけではなく、多少の刺激はあると思ってください。

レーザーで脱毛することができない肌として挙げられるのがけがをしている部分です。これはわかりますね。傷口にレーザーを当てるのは痛いと思われます・・。次にほくろやにきびのある部分。レーザーは黒色の部分に反応して毛根の部分を焼くため、元の黒いほくろや汚れがたまっているにきびには脱毛効果が得られないのです。もし治療の際に見つかった場合は脱毛してもらえない箇所としてしるしをつけられると思います。

また、一番気をつけてほしいこととして日焼けが挙げられます。日焼けをした肌は基本的に脱毛ができません。表面温度が高い状態になるのでより火傷をしやすい肌となり、傷つけてしまう可能性があるのです。夏以外にどの季節で治療を受けるつもりであったとしても、日焼けには気をつけましょう。